地方から未来の働き方を探すウェブメディア

COMPANY

月額たった500円のホームセキュリティサービスで
地域の安全、子どもたちの未来を守る福岡のベンチャー企業

株式会社プリンシプル

全国有数のインターネット回線販売代理店だった株式会社プリンシプルは、営業販売とは畑違いのホームセキュリティサービス業界へ進出した。従来のホームセキュリティサービスでは当たり前だった、高額な初期費用や利用料金を抑えるため、オリジナルのセキュリティ機器を開発し、月額利用料は業界の常識を覆す「ワンコイン」に設定した。単身世帯だけでなく、ファミリー層、ビルオーナーからも支持され、販売開始2年で月間契約数は300件、総契約数は4,000件を突破。安価なセキュリティサービスを広め、地域の安全・安心を支えていく。

 

未経験の分野へ飛び込んだのは「子を持つ親としての心配」がきっかけ

福岡市の中心部にあるホームセキュリティサービス会社、株式会社プリンシプル。2007年にインターネット回線販売代理店として設立され、2014年にホームセキュリティ業界へ進出した。自社開発のシステムを使った「スマートルームセキュリティ」は、月額利用料500円からと業界では破格の価格設定。ターゲットを単身世帯や賃貸マンションに絞り、今急激に契約数を増やしている。

𠩤田宏人代表取締役は32歳、従業員は16名で平均年齢は28歳だ。若く勢いのあるベンチャー企業が未経験の世界に飛び込んだのは、犯罪被害に遭い、自ら死を選んだある女性がきっかけだった。

「子どものいる親として、そして一企業人としても、大切な人が安心して暮らすことの出来るまちをつくる事業を始めたい」という決意を地元企業や行政も後押しし、2014年にサービス提供を開始した。経済産業省の「Jump Start NIPPON(2014年度採択)」にも選ばれ、2016年4月には、さらに便利で扱いやすい改良型機種が完成する。気軽に利用できる「わが家の幸せを守るセキュリティ」で、大切な人が安心して暮らせるまちへ。プリンシプルの挑戦は始まったばかりだ。