地方から未来の働き方を探すウェブメディア

KEYPERSON

急速に進むデジタル化。
だからこそ自分の頭で考えるリアルの力が求められる

株式会社マルトグループホールディングスロジスティクス推進本部 係長小室直之

警備会社からスーパーマーケットへの転身。共通する思い

「転職のたびに、お客さんに近づいていった気がしますね」。そう笑顔で語る小室直之ロジスティクス推進本部係長は、学生時代にコンピューターグラフィックスを研究し、新卒で警備会社のエンジニアとなった。5年ほど監視カメラやセンサーの開発に従事した後、老舗リサーチ会社に転職。未経験ながら発売前の商品の調査分析に携わる。その後、システムとリサーチの両方に精通した人材を探していた大手マーケティング会社にヘッドハンティングされる。そして、次に選んだ舞台がマルトだった。

監視カメラのエンジニアをしていたのに、今はペットボトルのお茶をスーパーの陳列棚に並べている。一見、脈絡のないキャリアのようにも思えるが、根底にはある一つのこだわりがある。「大学院で研究テーマを検討していくなかで、発表をするたびに『それは誰が面白がるのか、それで誰が幸せになるのか』と教授から幾度となく問われていました。誰かのためになっていないものはあまり意味がないと自然に感じるようになりましたね」

常に「誰にどんな価値を提供できているのか」を意識し、とりわけ「誰に」に重きを置くようになったという。新卒でサービス業を選んだのもその思いからだ。「誰かのためになっている仕事。それが喜びであり、やりがい。その喜びをより強く実感したい、お客様をもっと理解したいと考えていくうちにたどり着いたのが、お客様から直接お金をいただく小売業だったんです」。人々の生活に欠くことのできない現代のスーパーマーケットは、時に手が触れる距離で顧客と接する。これほど顧客と密な関係を築いている仕事もそうないのかもしれない。

ゼロからつくりあげていける環境にやりがいを感じる

順調に企業規模を拡大してきたマルトが企業として次のステージに上がるには、専門的なスキルを持つ人材が必要だ。チラシ戦略が大きな影響力を持つ業界において、デジタル化が急速に進むなか、ROI(投資対効果)のクオリティーアップは急務。マルトの人材要件も「広告の効果測定ができる人」と明確だった。「私のようなキャリアやスキルを持つ人材がいないというのは魅力でした。相対的に自分の価値が上がるわけですし、ゼロから自分で形を作っていけると考えると、面白そうでやりがいを強く感じました」

もちろん不安要素はゼロではなかった。小室氏は約10年東京で働いてきた。故郷の日立市にもマルトの店舗はあり、本拠地のいわき市も近い。知っているからこそ、働く上での東京との違いを強く認識できた。「東京は情報に満ちあふれています。そこで働く人々も環境も常にハイスピードで刺激的です。マルトの人たちのおおらかな人柄に引かれる一方で、自分の社会が狭くなる気もしました」。世界に開かれた東京と一地方都市では、情報の格差は大きいだろう。刺激も減るはずだ。しかし、考えていくうちにマイナスばかりではないことに気づいたという。

「情報は多すぎるとよそ見をしてしまいます。こんなトレンドがある、他社はこんなことをやっている。そんなことをぜんぶ追っかけていたらキリがありません。情報が限られているからこそ、自分の頭で考えるようになる気がしたんです」。マルトの人生の方が面白い。その思いが、小室氏の背中を強く押した。

5円下がるだけで、面白いくらい購買状況が違う

現在、小室氏は研修の一環として店舗現場の業務を学んでいる。自分で運んだペットボトルの山が1日で売り切れてしまう。これまでデータ越しに見ていた消費者の購買行動が目の前で行われていることに小室氏は「慣れたとはいえ、時々驚きますね」と笑う。データだけを捉えていた人の個性の、顔が見え、声が聞こえ、リアルな人として把握できる。求めていた顧客との距離の近さを日々実感しているという。

「『30分かけて歩いてくるから帰るのにもエネルギーが必要なのよね』と言って毎日のようにお惣菜を食べて帰るおばあさんがいます。そのおばあさんと話していると、このお店があってよかったと素直に感じるんです」。誰のためにと考えるまでもなく、マルトの存在はすでに地域の人々の生活に組み込まれている。もはやライフラインなのだと感じるという。「マルトでは当たり前ですが、私の人生においてお客様の顔を直接見ることができるのは、確実に強みになります。何か施策を考える上で、あの人ならこう反応するだろうとリアルにお客様をイメージできる。それに反応を直接店に行って聞くことだってできるわけで、企画の強さがまったく変わるはずです」

ネットスーパーが出現し、生鮮食品もネットで買えるようになった。変わりゆく時代のなかで、小室氏はどんなマルトの未来を描いているのだろうか。

「私自身がリアルさにどんどん引かれていったように、お店に来る、買うという体験を再定義して、改めて価値を提供したいですね。広告戦略はもちろん品ぞろえや従業員とのコミュニケーションまで含めて、もっともっといろんな価値を提供できると思っています」

あとがき

「高校の頃は地元の日立に1、2店舗しかなかったマルトが、10数年ぶりに東京から戻ってきたらものすごく増えていた」と小室氏は驚いたそうです。それは地に足のついた経営と徹底した人材の「心」の教育のたまものだと感じます。東京は確かに情報や刺激にあふれていますが、人ができることには限りがあります。森田氏の話を伺いながら、大切なのは「場所や環境ではなく、心の持ちようである」と改めて感じました。