地方から未来の働き方を探すウェブメディア

COMPANY

「足元」から愛されるものづくり。
3つの事業で未来を変えていく

広島化成株式会社

年間約300万足のシューズを製造する事業、年間6,000トンを超えるゴムの原料を加工する事業、地球半周に及ぶ長さのビニールシートを世の中に送り出す事業。これら全く異なる3つの事業を展開するユニークな会社が、広島県福山市にある。2017年に創業70周年を迎えた広島化成株式会社だ。なによりも「人」を大切にし、環境問題を見据え、チャレンジ精神を持ちながら堅実な経営を続ける、広島化成の唯一無二の魅力に迫る。

「ものづくり」のまち福山で、70年の歴史を築いてきた老舗

気候が穏やかな瀬戸内の中央にあり、広島県と岡山県との県境に位置する広島県福山市。広島県内では広島市に次いで2番目に人口の多い中核市である。また、久留米絣(がすり)、伊予絣と並ぶ日本三大絣、備後絣が生まれた地であることから繊維工業がさかんで、鉄鋼業をはじめ、金属製品やプラスチック製品を製造する企業が集まる「ものづくりのまち」でもある。広島化成が手掛けるゴム製品や化成品の製造も、福山市が誇る産業の一つだ。

目の前に福山城跡を眺められる山陽新幹線「福山駅」から車でおよそ7分、山陽自動車道「福山東IC」からは10分ほどという好アクセスな場所に、工業用品・シューズ・化成品の3事業を展開する広島化成の本社がある。広大な敷地内にある本社は工場と隣接しており、国内外に広がるネットワークを支える機能がここに集結。2016年3月にはインドネシアに初の現地法人を設立。中国やベトナムの協力会社と連携したものづくりをすすめている。