地方から未来の働き方を探すウェブメディア

COMPANY

「対話からの協創」を通じて課題を解決する、
大企業に特化したITソリューションを提供

株式会社ドリーム・アーツ

株式会社三菱東京UFJ銀行、日本航空株式会社、京セラ株式会社、株式会社エディオン、アンデルセングループなど、日本を代表する大企業の業務改革をIT分野から支えている会社がある。株式会社ドリーム・アーツだ。2016年12月、広島の新たなランドマークであるおりづるタワーに、東京本社に次ぐ第二本社としての機能を持つ広島本社を開設。従業員数250名という規模でありながら、ますます競争が激化するIT業界において大きな存在感を放ち続けるドリーム・アーツ躍進の秘密に迫る。

自社開発だけでなくコンサルティングも

中国四国の経済活動の中枢を担う広島県広島市。その中心地、平和記念公園に面した場所にオープンしたおりづるタワー6階に株式会社ドリーム・アーツ広島本社はある。オフィスに入ってまず驚くのは、IT企業らしからぬ、ぬくもりにあふれた空間だ。畳敷きの小上がりが設けられ、広島県産の木材をふんだんに使った癒やしの空間が広がっている。ソファやハンモックが置かれたテラスからは原爆ドーム、緑豊かな平和記念公園が一望できる。五感が刺激され発想が広がる、同社のポリシーでもある「協働・協創」が自然と生まれる仕掛けが満載だ。

日本のいわゆるIT業界においても株式会社ドリーム・アーツは極めてまれな存在である。国内に存在するソフトウエア会社の多くは、他社で開発されたソフトウエア製品を用いて、顧客のコンピューターシステムの企画・立案、構築を行う「受託開発」である。同社のように、自社でオリジナル製品を開発・製品化し、さらにコンサルティングや導入までを一手に担っている企業は業界内でも数%にすぎない。さらに、ユニークなのは取引先の対象を大企業に絞り込んでいる点にある。現場に足を運び、顧客と対話し、一緒に課題を見いだす、「アナログ」な対話を通じて、顧客の抱える課題を解決することを重視している。「対話から創造するソリューション」を目指す姿勢が、ドリーム・アーツの大きな強みの一つとなっている。